ホーム > プロジェクト「栗東フォレスト倶楽部」 > 特産品振興プロジェクト「開発への取り組み」

特産品振興プロジェクト

開発への取り組み

りっとうの資源を活用した商工会の特産品振興プロジェクト

木材や栗などの地域資源を活用した、特産品の開発と既存商品のブラッシュアップに取り組んでいます。

「木材」を使った特産品開発

金勝絵馬の試作
金勝の山からとれる間伐材を活用した絵馬を試作。
独自の技術を用いて、絵師による日本一の大絵馬を市内企業などの支援を得て制作し、金勝寺に奉納。参道に絵馬壇をつくるなど、馬頭観音の祭りとして定着をはかる構想を考えています。
  • エコツアー(モニター)参加者に絵馬づくりを体験してもらい、アンケート調査を実施(21年度)。
  • 「りっとう共同夢の森プロジェクト」の協賛企業に対して、森林吸収協力証のオプションとして、希望企業に社運興隆の銘入りで絵馬を贈る。


栗の形をした絵馬

「栗」を使った特産品開発

栗の味噌漬け

栗の渋皮煮

栗の味噌漬けの試作とアンケート調査
老舗として名高い地元の味噌製造業者(青木味噌商店)に依頼し、「栗の味噌漬け」を試作。商品としてはほぼ出来上がっており、パッケージや販売方法などがの確立が課題となっています。
栗の渋皮煮の提供とアンケート調査
地元の一部の人達だけが知っていた逸品・渋皮煮を試作。試食アンケートでは多くの方に好評です。栗の味噌漬け同様こちらも商品としてはほぼ出来上がっています。
アイデアレシピコンテスト
栗を用いた新たな特産品づくりのために、お菓子づくりを学んでいる綾羽高校普通科製菓コースの生徒の皆さんを対象に「アイデアレシピコンテスト」を開催しました。 また、平成21年3月には草津のA−SQUAREにて、試食イベントも実施しました。
  試食イベント
試食イベントの様子

マロンだんごマロンショコラケーキ
                 アイデアレシピ


商品化へ向けた試作品の開発
栗のお菓子については、上記アイデアレシピコンテストの結果を参考に、平成22年度より本会会員事業所のザルツブルグ洋菓子店にご協力を頂き、商品化へ向けた試作品の開発を行っています。試作品のコンセプトとして、世間に広めるために土産物として開発を行っていきます。将来的には企業が訪問先への手土産として活用できるようにと考えています。


栗のお菓子(左:パイ菓子 右:洋風饅頭)


商工会法施行50周年大会でのPR
平成23年1月29日に開催された本会50周年大会にて、参加者に記念品として栗菓子を配布。今後の商品化に向けたPRを行いました。


50周年大会で栗菓子を配布する様子
(2011.1.29)

 

各種イベントにおける周知への取り組み


いちょう通り商業まつりにて周知(2011.10.10)

農業まつりにて周知(2011.11.20)

いちょうまつりにて周知(2012.10.8)

青年会議所滋賀ブロック大会(2012.9.15)

 

栗の木の植樹
金勝生産森林組合主催のもと、平成23年3月13日(日)に栗の苗の植樹を行いました。
将来的には、ここで採れた栗を使った特産品の開発も視野に入れています。


栗東市荒張(2011.3.13)

植樹の様子(2011.3.13)

 

商品化に至った「へそくりパイ」「へそくりmanju」
商品のコンセプトは「企業が訪問先へ手土産として持っていけるもの」、「売上の一部が環境貢献金として森林整備に使われる」で、現在は店頭でも一般販売を行っております。
店頭販売:ザルツブルグ洋菓子店(栗東市小柿5丁目17-5 9:00〜19:30 定休日:火曜日)

 ・1箱 8個入り(各4個) 1,800円
 ・1箱12個入り(各6個) 2,500円
 ・1箱16個入り(各8個) 3,200円

  【※いずれも環境貢献金含む】


     へそくりパイ&へそくりmanju

栗東フォレスト倶楽部 協賛事業所募集中
栗東市商工会入会のご案内
商工会館・ウイングプラザ 貸会議室のご案内
栗東市商工会議所 事務局
商工会館 詳細情報
〒520-3047 滋賀県
栗東市手原3-1-25
TEL.077-552-0661
FAX.077-553-5263
ウイングプラザ 詳細情報
〒520-3031 滋賀県
栗東市綣2-4-5
TEL.077-552-3066
FAX.077-552-1146
このページの先頭へ